自動キャップシュリンカーイメージ

自動キャップシュリンカー

機能
供給コンベアに流れてくる被包装物をシュリンクにてオーバーキャップし、コンベアに排出する自動包装機です。
特徴
・プレフォーム不要であり、プレフォーム加工費の削減を実現。
・フィルムの厚みは50%ダウンを達成。
・キャップの手乗せ作業が不要のため生産性に優れている。
・特殊装置によるシュリンクのためシュリンクトンネルが不要。
仕様
能力:MAX25pack/分
電源:AC3相 200V
エアー源:200L/分(5kgf/cm2)
機械寸法:シーラー 1050l×890W×1693H mm
用途
・和洋菓子のキャップ
・なべ焼きアルミのフタ
・その他バージン性の必要な缶等
オプション
印刷フィルム位置合わせ装置
多連による高速タイプもあります。